国からお金を借りる方法

強い味方の教育基本法第4条

お金の面で子供を育てる場合、ひとり親はかなり金銭的にも大変な思いをする方も多いです。
せめて子供の勉学に必要なお金だけでも援助があればそれだけ生活面も楽になるはずです。
そんな方のために、国がお金を貸してくれる制度があるのはご存じでしょうか、日本には、教育基本法第4条というものがあり、すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を与えられなければならないというものがあり、国は十分な教育を受けられるよう、教育上必要な支援を講じなければならない。とあります。

その制度により、国からお金を借りる方法がいくつか存在します。20歳未満の児童を不要している配偶者のない女子または男子、寡婦などが借りられる厚生労働省の取り扱う公的な融資制度の母子父子寡婦福祉資金貸付金があります。
生活費に困っていると判断された人のみが利用でき、現時点で働いていて生活をしていけると判断されてしまった場合には審査が通りにくくなってしまいますが、現時点で働いてなく、金銭的に本当に困窮しているという場合は、とても頼りになるものになるものなので、国からお金を借りる方法としてひとり親の人は知っておくといざという時の助けになります。

幅広い世帯年収が借りられるお金を借りる方法

国からお金を借りる方法は他にも国の教育ローンという方法もあります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金よりも幅広い世帯年収の方に対応しており、特に世帯年収200万円以下の方などには優遇制度右もあります。
国からお金を借りる方法という事で、最低限のお金しか借りる事が出来ないのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この方法はさまざまな学校、幅広い用途に対応しており、大学や短大、専門学校や高校の資金にも利用可能で、授業料などの基本的なもの以外にも、定期代やパソコン購入なんかにも使う事ができます。お金を借りる方法として、日本学生支援機構の奨学金と併用する事もできます。

国の教育ローンはお子様の人数によって上限が異なり、たとえば一人の方の場合は600万円、二人の場合は890万円といまっており、お子様が二人いないの場合には条件によっては上限が緩和されることもあります。

銀行などの金融機関で審査が通過できない人でも低所得世帯を対象としているために多くの人が利用しているため、財源は財政投融資特別会計国債の発行などによって賄われているので、誰でも簡単に通るわけではありませんが苦しい世帯には特に優しい制度になってます。

関連記事

最近の記事

  1. 日田信用金庫でお金を借りるには

  2. 人が生きていくにはまとまったお金が必要

  3. 甘い誘い文句につられてお金を借りるは注意

TOP