貸金業者でお金借りる前に知っておきたいこと

お金借りるとなったとき、それが貸金業者のときには総量規制が適用されるなど事前に知っておくべきルールが存在します。

事前に知っておくべきルール

これを知らずに、数社に申し込みを行うとお金にかなり困っている申し込み者、このように感じ取られてしまい他のお店で申し込みを行っても相手にして貰えなかったり審査をしても即落ちてしまうなどのトラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

申し込みを行うと書類以外に個人信用情報をチェックして申し込み者の信頼性を確認します。

この個人信用情報には、消費者金融で申し込みを行った際の記録が残ることになるので短期間に複数の会社への申し込みを繰り返していると申し込みブラックの状態になります。

それと、消費者金融は貸金業法と呼ぶ法律が適用されることになるので、融資可能な上限は総量規制により年収の3分の1までです。貸金業法は、消費者金融などのような貸金業者に対する法律です。

仮に、年収が300万円の場合は年収の3分の1に相当する100万円になるのですが、この金額は借入総額であり他の消費者金融など貸金業者から既に100万円を借りている場合はお金借りることができないルールになりますし、他社から50万円の場合は残りの50万円までがお金借りるときの上限になることを理解しておきましょう。

お金借りるときの特別措置ってある?

お金借りるとき、利用する目的が特定の条件を満たしていると総量規制に関係なく年収の3分の1を超える融資を可能にできるケースがあります。

これは総量規制になじまない貸付と呼ばれるもので、お金借りるときに覚えておくと役立ちます。総量規制になじまない貸付けは、除外貸付と呼ばれるもので住宅ローン二層とする不動産購入のための貸付けやマイカーローンに相当する自動車購入時の自動車担保貸付け、他にも高額療養費や有価証券を担保とするもの、不動産を担保にするものや売却予定不動産の売却代金により返済されるものなどがあり、いずれも総量規制に関係なく借入ができる、借入額は借入残高に含まれないのでその後で貸金業者に申し込みをするときにも審査対象になります。

顧客に一方的に有利となる借換えなどは、総量規制の例外貸付けに分類されるものですが、これはおまとめローンなどが対象になります。配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付けも例外貸付けに相当するものですが、この場合は配偶者の同意が必要です。

配偶者と合わせる

配偶者と合わせることで年収そのものが大きくなるのでその分だけ借入可能額が増えるわけですが、これらはいずれも返済能力を有すると認めて貰うことが基本的な条件になります。

最近の記事

  1. お金を借りる方法は実に様々

  2. 無職ではカードローンでお金を借りることができません

  3. 新型コロナウィルス対処でのお金の借り入れ

TOP