経営者がお金を借りる方法

公的な機関に頼るメリット

経営者向けのお金の借りる方法はたくさんありますが、公的機関である信用保証協会に
保証してもらうことよって、金融機関からお金を借りやすくなります。

信用保証協会とは、中小企業や小規模事業者がスムーズに資金調達ができるように
支援を目的に作られた公的機関になります。

お金の借りる方法はいろいろありますが、中小企業などはどうしても経営リスクが
大きいと判断されてしまい、お金を貸すのは難しいとされてしまうケースも考えられます。

しかし、公的機関である協会が債務保証をしてくれるため、返済が難しくなった場合
でも残債を肩代わりをして返済するため、銀行などは債務回収することが可能です。

お金の借りる方法と併用することによって、融資枠を拡大することもできるようになります。

連帯保証人などの必要もなく、担保がなくても利用することができるというのもメリットです。
他にも、流動資産担保融資保・小口零細企業保証・経営力強化保証などの制度があって、
自分のニーズに合ったものを選べます。

ただし、金利以外にも借入額や借入期間に応じて保証料を支払う必要も出てきます。
このようなコストも考えた上で利用することが、この仕組みを使うポイントです。

 

不動産を担保に借りる

お金の借りる方法の一つに、法人向け不動産担保ローンという方法があります。
不動産を担保にすることによって、審査などをしやすくなるため資金繰り改善に役立ちます。

不動産の価値によって、借りられる額が異なってくるというのも特徴です。
家や土地などの評価次第によって億単位の借入ができる可能性もあって、連帯保証人が
不必要なのも便利です。

借入額が大きくなる分だけ返済額も大きくなるため、その点には注意して借りる必要があります。

また、災害や事故・事件などによって価値が変動してくるため、不動産を担保にしたローンを
利用するときには担保掛目と呼ばれる値を担保価値にかけ算すると、どれぐらいお金を貸して
もらえるのかの目安がわかります。

お金の借りる方法として信用保証協会に不動産担保を差し入れておけば、どこの金融機関からの
借入にも利用することができます。

お金の借りる方法は様々ありますが、どこでも利用できるというのは資金繰りを安定させる
ためにも有効な方法と言えます。現在経営をしている人だけではなく、新たに起業を考えて
いるという人も利用できます。

しかし、価値の低い不動産の場合には担保にできない可能性もあるため注意が必要です。

関連記事

最近の記事

  1. お金を借りる方法は実に様々

  2. 無職ではカードローンでお金を借りることができません

  3. 新型コロナウィルス対処でのお金の借り入れ

TOP