事業者のお金を借りる方法

急いで借りたい場合はローンがおすすめ

事業を行っていると緊急にお金が必要になることがありますが、銀行の融資は
申し込み手続きが煩雑で審査にも時間が必要です。

そのような場合に、事業主のお金の借りる方法としてはビジネスローンと
無担保ローンがおすすめです。ビジネスローンは個人事業主や法人を対象とした
金融商品で、公的機関や銀行の融資と比較すると審査が速いことが特徴です。

審査基準も比較的緩めで通りやすい傾向にあり、申し込みから融資まで
最短なら即日で融資が可能となっています。

無担保ローンは文字通り「担保なし」でお金の借りる方法です。
家や不動産などの物的担保や保証人などの人的担保を用意することなく
お金を借入れることが大きな特徴で、融資を急いでいる場合におすすめ
できる借入方法のひとつです。

ただし、きちんと返済できるかどうかを判断するための借主の信用情報が重要で、
申込時の申告だけではなく信用情報機関にも照会が行われます。

申込者本人の定期的な収入や返済能力について審査が行われ、基準を満たせば
契約することができます。融資までの時間は銀行の場合は最短で約1週間ですが、
信販やクレジット系であれば最短翌営業日、消費者金融ならば最短1時間と、
すぐにお金の借りる方法としておすすめです。

低金利でお金の借りる方法なら日本政策金融金庫

日本政策金融金庫は「日本公庫」とも呼ばれ、2008年10月に誕生しました。
日本政府100%出資の政府系金融機関で、国民生活金融公庫や中小企業金融公庫など
の4つの機関が母体となっています。

中小企業や零細企業、これから起業する人への融資を積極的に行っており、
実際にお金の借りる方法として中小企業の多くが利用しています。

その最大の特徴は一般的な金融機関に比べて金利が低いことや、固定金利を
採用していることにあります。

基本的に利率は年利で2.5パーセント程度で、新創業融資以外であれば
1パーセント台のものまであります。

他にも借入期間が長く設定されていることも特徴となっています。
日本政策金融金庫でお金の借りる方法は、全国各地にある窓口に出向き
借入申込書を提出します。

その際には事業計画書や設備資金の見積書、決算書なども合わせて
添付書類として用意しておくとよいでしょう。

次に融資担当者と面談を行い、事業計画や決算書の内容に基いた質疑応答が行われます。
融資が決定したら金銭消費貸借契約を交わして融資を待つだけですが、審査機関が
長めになる傾向があります。

低金利でお金の仮方法として大きな魅力ですが、実際に融資を受けるまでには
2週間から1ヶ月程度の期間が必要となるため、時間に余裕を持って申込することが大切です。

最近の記事

  1. 日田信用金庫でお金を借りるには

  2. 人が生きていくにはまとまったお金が必要

  3. 甘い誘い文句につられてお金を借りるは注意

TOP