そもそもブラックリストとは何を意味するもの?

ブラックリストに入っているとお金を借りることができない、このようなことをご存じの人は多いといえましょう。
しかし、ブラックリスト入りとはどのようなことを意味するのか具体的に分からない人もいるのではないでしょうか。

わからないこと

お金を借りると返済義務が生じるわけですが、返済ができなくなって数か月間延滞してしまったり、うっかり返済日を忘れてしまって決められた日時に返せない、任意整理や自己破産などのような債務整理を行った人のことを金融ブラックと呼んでいます。

ただ、ブラックリストの名称があるけれども金融ブラックの人だけをリストアップしたような情報があるわけではありません。
審査時に使用する個人信用情報内に、過去の借金での金融トラブルの履歴がありこの情報そのものを金融ブラックと呼びます。

しかしながら、消費者金融の中でも中小の会社の場合は、総量規制の範囲内であればお金を借りることができる金融会社も存在しているといいます。

総量規制は、年収の3分の1未満までの融資を行うことを義務付けている規制になるものです。
また、お金を借りることができる金額は数万円程度であること、このようなことを把握した上でブラックリスト入りしている人でもお金を借りることが可能な会社を探すと良いでしょう。

返済計画の目的だけでなく利用すべきではない

お金を借りるときの審査に落ちてしまう、このような人はブラックリスト入りしている可能性があるので大手の会社では融資審査に通過できません。

短期間に複数の会社に申し込みをしていると、このような情報も個人信用情報に記録が行われることになるので申し込みブラックになってしまうなど注意しなければなりません。

どうしてもお金を借りたいといったとき思いつくケースがあるのが闇金になるかと思われますが、このような金融業者は一度お金を借りてしまうと利息だけを払い続けることになり、元金が全く減らない状態に陥るので利用しないようにしましょう。

中には、おまとめなどのような目的や返済計画などの目的で闇金の利用を検討されるケースがあるかと思われますが、返済が遅れると取り立てがあることや取り立てはお金を借りた本人だけでなく家族にも行われるなど正常な生活を送ることが困難になります。

生活が困難

また、返済の取り立ては24時間頻繁に電話などで行われることもあるようですし、勤め先まで強面の従業員が数名で押しかけて来る大声で罵声を浴びさせるなど恐喝のような行為をおよぶなど借りた後のことを考えると利用すべきではないことは分かるのではないでしょうか。

最近の記事

  1. 日田信用金庫でお金を借りるには

  2. 人が生きていくにはまとまったお金が必要

  3. 甘い誘い文句につられてお金を借りるは注意

TOP