二次会のゲームの景品は日用雑貨が喜ばれる

二次会でゲームをやる時には、ただゲームをやるのではなく、
景品が当たると嬉しいものですが、何でも良いと
言うわけではありません。

いかにも適当に選んだと言う感じがする物だと、
せっかく当たっても喜びが減ってしまうものです。

そういったことになりにくい、二次会の景品に向いている
アイテムと言えば、日用雑貨です。

保温弁当箱やスチーマーなどは、実用性があって良いものです。
ちょっと変わったアイテムを用意したいと思った場合には、
持ち運びが可能な炊飯器と言うのも良いものです。besttiming

なお、日用雑貨と言うのは、一番良い景品にするのには
不向きですが、普通レベルのアイテムとしては
適している物が多く、非常に使い勝手が良いものです。

豪華な物から残念な物まで、全体のバランスを整える上で、
とても役に立つアイテムだと言えます。朝早く

なお、一番安い日用雑貨としては、キッチンで使えるスポンジが
ちょうど良いですが、ただの四角いスポンジだと地味すぎて
適当な印象を与えがちです。

これが動物の形をしているなど、ちょっとした配慮があるだけで
気分は変わってくるものです。

二次会のゲームの景品は商品券が最適

結婚式などのメインのパーティーに全力を注ぐと考えると、
二次会のゲームの景品のことなど優先順位は
かなり下がってしまいます。

参加している人全員の好みや、予算を細かくプランしている時間は
よほど前から準備していない限り難しいものがあります。

二次会を開催する人全員がそこまで用意周到でもないし
暇でもありません。結果、もらって嬉しいのは現金です。

しかし二次会の景品でハイ、現金です、というのは
あまりにも短絡的です。勇気を出す

商品券だって同じように自分の欲しいものが買える点では
現金と同じです。夏が一番

ではどうして現金よりも商品券が良いのでしょうか。

まずは準備する側は現金よりも手間がかかります。
デパートのサービスカウンターに行って番号札を引いて、と
現金のみを準備するよりもはるかに面倒です。

そうすることによって手間をかけていますよ、と
思わせる部分もありますし、これだけやった、という
自己満足にもなります。

もらう側は化粧品やデパ地下スイーツ、自己資金を足せば
ブランド品購入や旅行だってできます。
さらには誰かにプレゼントとして渡しても喜ばれます。
お互いに言えるのは、簡単には使えそうで使えないというところです。

現金ではコンビニなどで知らないうちに財布にあったお札を
使っていたりします。

あげた側も何に使ったかわからない、というのは少し寂しいものです。
その分商品券だとデパートで○○を買った、旅行に行った、など
次の思い出につながります。

ビンゴ景品の鉄板!高級グルメ

二次会で盛り上がるビンゴ景品の高級グルメは色々ありますが
メンバーによって変えることが大切です。

鉄板の高級肉は見栄えのインパクトも強く幅広く
誰もがもらって嬉しいグルメの一つなために
ビンゴの景品として用意されることも多いです。幸運

確実に盛り上げたい場合や、インパクトを強くしたい時は
ブロックのお肉で大きいすぎるくらいがベストです。

そして普段は買わないようなゴージャスなスイーツは女性の心を掴みます。
意外と男性のスイーツ好きも増えているので
なかなかスイーツ店に入れない男性からは喜んでもらえます。

スイーツは見た目も華やかでプレゼント感もあるので
景品として出すにはうってつけでとても人気があります。

なかには高額なチョコレートや、ビッグサイズのケーキなど
インパクト重点で選ぶ場合もあります。

生魚や生きた食材は景品向きではないため当たった人も
あまり喜んでもらえないパターンが多いです。巡り合わせ

せっかくなので普段は手が出せないような高級なものが喜んでもらえます。

パーティーの二次会景品を選ぶコツ

早いうちに
パーティーなどで二次会でゲームをやって景品を配るというときに、
どうやって二次会景品を選んだらよいのでしょうか。

やはり大切なのは、パーティーの参加者が喜んでくれる
二次会景品を選ぶということです。

極端な例ではありますが、参加者が比較的若い人たちなのに
景品で演歌のコンサートチケットなどがあっても誰も喜びません。

反対に、年配の方が多いときにテーマパークのチケットが当たっても
なかなか行けないという方のほうが多いでしょう。なかなか行けない

ですから基本的な二次会景品の選び方としては、参加者が
どのような方たちなのかを把握することから始まります。

年齢層、男女比、職業など、いろいろな面から
参加者の好みを考えましょう。

また、何か趣味の集まりという場合には当然その趣味に関するものだったら
多くの人に喜んでもらえること間違いなしです。

もちろん、お菓子などの食べ物だと年齢や性別を問わず
喜んでもらえることが多いので、そういったものを
景品に混ぜるというのもいい手と言えます。